このエントリーをはてなブックマークに追加   

モビットの審査と申し込み方法や金利、返済、増額など、
モビットに関するあらゆる情報が満載です。

 

モビットの審査申し込みWEB窓口

モビットの審査申し込みについて紹介していきます。
モビットの審査申込み

 

今すぐモビットの審査を申し込みする方は↓
こちら
(WEBで簡単の公式サイトです)

 

テレビCMやWEB、電車の中吊りなど、色々な場所で目にする機会が多いモビットは、
三井住友銀行グループの会社なので、始めてカードローンをする人も安心してお金を借りることが出来ます。

 

少ない入力項目で出来る、10秒簡易審査があり、
その後、本審査も最短30分で完了し、即日融資も可能なんです!
・申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

※平日14:50分までの振込み手続き完了が必要です。
※審査結果によっては融資否決の場合もあります。

 

さらにもっと急ぎで借り入れをしたい人は

ネットで申し込み後に、コールセンターへ電話すると、
優先的に審査をしてくれて、審査に通れば契約から振込み融資と、
最短3分で、いつも利用している銀行カードで出金ができちゃうんです!

※平日9:00〜14:50分までに手続き完了の場合。

 

モビットっていいね
また三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に預金口座を持っていれば、
申し込み→審査→融資まで、電話連絡なしや郵送物がない、
モビットの【WEB完結申込】が利用できて便利です。

 

モビットは安定した収入があれば、アルバイト、派遣社員、パート、
自営業の方も利用可能ですので、まずはスマホやパソコン、タブレットなど、
WEBで審査を受けて、モビットで融資してもらえるか確認してみましょう。

 

mobittode

 

年利 限度額 その他
3.0%〜18.0% 800万円 入会金、年会費無料

 

公式サイトは↓

 

http://mobit.ne.jp/

 

 

 

 

目次 []

 

 

モビットについてと審査の手続き詳細!

モビットの評判
モビットは2016年オリコン調べ、日本顧客満足度ランキング
ノンバンクカードローンで第1位を受賞しています。

 

ちなみにモビットが高評価だったのは、

借り入れのしやすさ・申込み手続き・借入条件・審査・返済のしやすさ・セキュリティが、
すべて1位という結果でした。

 

実際のクチコミも評判が高いので、この結果は当然だと思います。

 

モビット

 

モビットを利用するメリットの一つといえるのが迅速な融資です。

 

しかしメリットを享受するには申し込みから融資までの流れをきちんと把握しておくことが大切です。
モビットをスムーズに利用するためにも、モビットの審査・申し込みの方法と具体的な流れを把握しておきましょう。

 

モビットの審査申し込み方法は全部で7通りあります。
消費者金融は多彩な申し込み方法が売りの一つでもありますが、
中でもモビットは申し込み方法が多彩ですので、自分にあった方法で申し込むことができます。
モビットの審査申し込みはインターネット・携帯電話・スマートフォン・郵送・FAX・電話・ローン契約機となります。
では一つずつ見ていきましょう。
モビット

 

まずはインターネットによるモビットの審査申し込みです。

モビットの審査でンターネット申し込みは、最も主流と言われる申し込み方法です。
モビット 審査
他の金融業者でも、ネットでの申し込みを受け付けているところが多いですから
モビットの審査を受けるのに知らないという方は、いないのではないでしょうか。
ネット環境に繋がっていれば、家にいながらでもモビットの審査申し込みが可能ですので非常に便利です。
24時間365日いつでも申し込めますので、思い立った時、
即座にモビットの審査に申し込めて尚且つ誰にも知られずに安心です。

 

インターネットでのモビットの審査申し込み方法は、モビットの公式ホームページに
「モビットカード申し込み」と「WEB完結申し込み」の2つありますので、自分が行う方法を選択します。

 

モビットの審査申し込みフォームが表示されますので、必要事項を入力し送信します。
モビット ネット

 

その後、モビット10秒簡易審査の結果が表示されます。

 

簡易審査と名がつくサービスは他の金融業者でもありますが、
モビットの10秒簡易審査は他のそれとは異なりますので注意してください。

 

10秒簡易審査であっても信用情報に記録されますので、安易に申し込みしないようにしましょう。
モビットの10秒簡易審査の結果、融資可と表示されればそのまま申し込みを進めることができます。

 

最後にユーザーIDが発行されますので、忘れないようにきちんと保管しておきましょう。
モビットの審査から実際の融資までユーザーIDを使用しますので、忘れないようにしましょう。

 

次に携帯電話でのモビットの審査申し込みです。

 

携帯電話でのモビットの審査申し込みは、モビットのモバイルサイトんアクセスし、審査画面に移ります。
モバイルサイトはQRコード読み取りもしくはURL入力でアクセスすることができます。
モビットのインターネット審査申し込み同様に、10秒簡易審査の結果を教えてくれます。
モビットではWEB完結申し込みが用意されていますが、
携帯電話からの審査申し込みですと、カード発行申し込みのみとなりますので気をつけましょう。

 

モビットの審査でスマートフォン申し込みは携帯電話とは違い、
カード発行かWEB完結申し込みのどちらかを選択できます。

 

アクセスの仕方は携帯電話と同じでQRコード読み取りかURL入力でOKです。

 

郵送申し込みはやや手間がかかります。
モビット 審査

 

申し込みはモビットの公式ホームページからダウンロードはできず、
モビットの店舗、若しくは三井住友銀行にて手に入れる必要があります。

 

モビットのコールセンターに電話して申し込み書を入手することも出来るようです。

 

申し込み書に必要事項を記入し、本人確認書類と収入証明書のコピーを併せてモビットに送ります。

 

本人確認書類は運転免許証か健康保険証を収入証明書は源泉徴収票、給与明細書、確定申告書などです。
必要書類に関してはモビットの公式ホームページにて確認すると良いでしょう。
FAX申し込みも同様となります。

 

最後にローン申し込み機でのモビットの審査です。
モビット
モビットの審査でローン申し込み機の場合は、カード発行での手続きとなります。
最寄りのモビットのローン申し込み機に行き手続きをします。

 

モビットの審査・申し込み機の場所については、モビットの公式ホームページにて検索できます。
モビットの審査申し込み方法は至って簡単で、画面に表示される案内にしたがって、
必要な個人情報等を入力するだけです。

 

ローン申し込み機で、モビットの審査申し込みする場合は、
必要書類もその場で提出しますので、持参するのを忘れないように注意しましょう。

 

モビットの審査申し込みは、実に様々な方法が用意されていて便利です。
色々あって、どの審査方法が良いのか迷ってしまうという方もいるかもしれませんね。

モビット審査申し込みで、オススメなのがWEB完結申し込みです。

 

モビットのWEB完結申し込みは、電話連絡も郵送物も一切無しで、即日で借入することができます。
つまり誰にも知られること無くモビットでお金を借りることが出来るということです。
モビット

 

モビットに限らずカードローンの利用は、内緒にしておきたいという方は多いかと思います。
職場の人はもちろんですが、家族にだって知られたくないですよね。

 

勤務先に在籍確認の電話連絡をされたり、
自宅に郵送物が送られてきたりすればバレてしまうかもしれません。

 

ですがモビットのWEB完結申し込みなら、職場にも家族にも内緒にしておくことが出来るのです。

 

更に、モビットの審査を申し込んだ、その日にお金を借りることが出来ると言うメリットがあります。

 

カードローン利用希望者の多くは、早く利用したいという方が多いです。
審査で数日もかかっていては話になりませんよね。

 

モビットのWEB完結審査なら、申し込んだその日に現金を手にすることも出来ますので、
急いでいる方にピッタリの方法なのです。

 

注意点としてWEB完結申し込みは、申し込み方法が限られているという点です。

 

ネット申し込み、若しくはスマホ申し込みでしか、WEB完結申し込みは出来ませんので覚えておきましょう。

モビット

 

またモビットのWEB完結申し込みは、指定銀行の普通預金口座を所有していること、
所得を証明する書類が必要なこと、社会保険証若しくは組合保険証を持っていることが利用条件となります。
所得証明書と保険証は問題ないかもしれませんが、ネックとなるのは指定銀行かもしれません。
指定銀行は三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の2つのみとなります。
どちらかの銀行口座を持っていないとWEB完結申し込みは出来ませんので注意してください。
モビット 審査

 

モビットのWEB完結申し込みが出来なくても、即日融資を受けることは可能です。
インターネット申し込みを行い、ローン契約機でカード発行すれば良いのです。

 

この方法でも自宅に郵送物は送られてきませんので、少なくとも家族にばれることはありません。

 

勤務先へ在籍確認の電話はいきますが、基本的に在籍確認の電話で借金バレすることはありません。
いずれにしてもモビットの審査申し込みはWEBからが早くて簡単です。

 

モビットの審査基準や流れ、時間について!

モビットに審査を申し込む上で、誰もが不安に思うのが審査ではないでしょうか?
審査を通らないことにはお金を借りることは出来ませんから、
何が何でもモビットの審査に通りたいですよね。
モビット 審査

 

ですが、モビットの審査基準は公表されていませんので
具体的にどのように審査が行われているかを知ることは出来ません。
つまりモビットの審査を受けてみないことには、結果は分からないということです。
ですから今回は一般的に言われている審査基準をもとに、
モビットの審査について解説していきたいと思います。

 

またどのような流れで、モビットの申し込み〜借入まで行われるのか、
時間はどれぐらいかかるのかも合わせて解説します。

 

まずモビットの審査・申し込み方法は大きく分けて4つあります。

 

インターネット・ローン契約機・電話・郵送です。
どの方法で申し込みしても構いませんが、適当に選んでしまうと、
その後の借入計画に支障をきたす恐れがあります。
何を重視するかで申し込み方法を選ぶのがポイントです。
モビット 審査

 

では次にモビットの審査・申し込みの流れについて見ていきましょう。
どのような流れでモビットの審査は行われるのでしょうか?

 

始めにお伝えしておきたいのが、審査において申し込み者自身が出来ることは何も無いということです。
申し込み書をモビットに送った時点で、審査はモビットの手に委ねられますので、
モビットの審査結果を待つ以外ありません。

 

ただ申し込み書を送る前の段階であれば、出来ることが一つあります。
それは申し込み書に虚偽や誤記入がないかどうかのチェックです。

 

申し込み書の内容に事実と異なることが書いてあると審査の段階で落とされます。

 

虚偽はもちろんですが、例え間違って書いてしまったとしても、
虚偽の申告と見なされますので注意しましょう。

 

嘘は審査の段階で必ずバレますので、申し込み書をモビットに送る前にかならず確認するようにしましょう。
モビット

 

以上を踏まえて上で、モビット審査の流れについて見ていきます。

 

インターネットでのモビットの審査申し込みの場合、流れは2通りあります。

一つ目は、インターネット申し込み⇒そのまま本申し込み⇒電話にて内容確認⇒在籍確認⇒審査終了
二つ目は、インターネット申し込み⇒電話で本申し込み⇒在籍確認⇒審査終了

 

上記どちらも審査にかかる時間の目安は30分〜2時間前後となります。
モビットの審査でインターネット申し込みの場合、本申し込みをネットか電話かを選択することが出来ます。

 

モビットでは始めに10秒簡易審査という簡易的な審査を行った上で本審査へと移ります。
文字通り10秒で審査の結果が分かり、その後の本審査への移行が早いです。
そして10秒簡易審査の結果が出てから本審査の申し込み方法を選ぶことが出来ます。
モビット

 

次はローン申し込み機でのモビット審査の流れです。
ローン申し込み機とはモビットの無人店舗に設置されている機械のことを言います。
モビットの審査、申し込みからカード発行まで行うことが出来る便利な機会ですが、
やや手間がかかるのがネックと言える方法ですので注意が必要です。

 

審査の流れは、申し込み⇒ローン申し込み機から退出して電話を待つ⇒電話で本人情報を伝える⇒本審査⇒審査終了後にカード発行となります。

 

他カードローン会社のローン申し込み機ですと、申し込みからカード発行までその場で出来ますが、
モビットの場合は流れが異なるのです。

 

かかる時間は3時間前後が目安ですので手間だけでなく時間もかかるので
あまりオススメできる申し込み方法ではありません。

 

ローン申し込み機を使う場合は、予めインターネットで申し込みして
モビット審査の通過後にローン申し込み機でカード発行するほうが手間も時間もかからずオススメです。
モビット

 

次にモビットのWEB完結申し込みの流れを見ていきましょう。

 

WEB完結とは申し込みから融資まで全てネット上で行うことが出来る手続方法です。

 

自宅から一歩も外に出ること無く、契約も借入も出来てしまうという画期的な方法で、
モビットの最大の特徴でありメリットでもある方法なのです。
審査結果の通知すらメールで行われますので、オペレーターの方とすら、ほぼ話さずに利用できてしまうのです。

 

融資スピードが早いだけでなく、家族や職場にバレずに借りることが出来る唯一の方法です。
会社に在籍していることを証明できる書類を提出するため、勤務先に確認の電話がされません

 

更に融資は口座振込となりますのでカード発行がされませんので自宅に郵送物が来ることもないのです。

 

在籍確認が不安な人、家族にバレたくないという人ほどモビットのWEB完結申し込みは向いています。
モビット

 

但し、ネックなのは条件がやや厳しいことです。

 

三井住友銀行もしくは、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていないと利用することが出来ません。
また銀行振込ですから、日曜日や祝日ですとその日に借りることは出来ませんので注意が必要です。

 

モビットでは本審査の前に10秒簡易審査というものがあります。

 

10秒簡易審査なるものは他カードローン会社でもありますが、
モビットはそれらとはシステムが異なります。

 

他カードローン会社の10秒簡易審査は2,3項目程度入力して診断が行われますが、
モビットは氏名・住所、年収、職場連絡先など細かく情報を入力しますので10秒簡易審査とは言え精度が高いのです。

 

ですから10秒簡易審査で「融資可能と思われます」と表示されれば、
その後の本審査通過も確率が高いといえます。

 

モビット

もちろんモビットの審査を受けるかは自分次第ですので、他社へ申し込んでも構いません。

ただモビットで借りるにしても他社で借りるにしても、
10秒簡易審査は融資を受けるためにかなり参考になる診断ですので試してみる価値は大いにあります。

 

モビットに審査申し込みすると内容確認の電話が必ずかかってきます。

 

内容確認の電話は申し込みから大体30分でかかってきますが、それ以上かかることもあります。

 

確認が取れないと審査に入ることが出来ませんので、
モビットの審査に申し込みしてから、1時間程度は電話に出られる状態でいましょう。

 

確認の電話ではかなり細かく質問されます。
内容は人によって異なりますが、

基本的には生年月日・現住所・過去に済んでいた場所・出身都道府県・
家族構成・勤務先・部署と役職・勤続年数・借入目的・希望額等です。

 

モビットでお金を借りるには、審査を通らないといけません。
これは他の金融業者でも同様ですので、モビットに限った話ではありません。

 

審査は誰もが不安に思う部分ですが、一体どのような基準で審査は行われるのか気になるところですね。
初めてキャッシングする方なら出来れば1社目で審査に通るのが理想かと思います。
その為にも、審査基準についてある程度把握しておくことが良いです。

 

まずモビットの貸付条件を見てみましょう。

 

兎にも角にも、この条件を満たしていないことには、
申し込みすら出来ませんので必ず確認しておきましょう。

 

モビットの貸付条件は「満20歳以上69歳以下の安定した収入のある方。
モビット

アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です(当社基準を満たす方)」としています。
そして担保と保証人は共に不要と記載されています。

 

モビットは勤務形態を問わず、本人に安定収入があれば申し込み可能ということですね。

 

そして一番気になるのがモビットの「当社基準」ですね。

 

モビットの審査はどのような基準の上で審査が行われているのでしょうか?
当社基準ということはその会社独自に定めているものですから非公開となります。

 

とは言え一般的な審査基準をある程度把握しておくと
不安なくモビットの審査に申し込みできるでしょう。

 

モビットの申し込み書には、齢、職業、勤務年数、年収、居住形態、居住年数、
家族構成、健康保険の種類などいわゆる個人に関する情報を申告します。
合わせて他社借入状況も申告します。
モビット 申し込み

 

貸金業者において他社借入状況を知るということは、非常に重要な意味をなします。
総量規制により、貸金業者は年収の3分の1を超える貸付はしてはいけないと定められているからです。

 

ですから年収の3分の1の範囲内で貸付しなければいけないわけです。

 

更に直近6ヶ月以内の他社申し込み状況もチェックされます。
例えば、複数の金融業者に申し込みを行いいずれも審査は否決の記録が残っていると、
何か問題のある人なのかなと疑われてしまいます。

 

中でも重要な項目が、過去の借り入れ履歴と事故情報の有無です。
カードローンやクレジットカードの利用履歴を信用情報と言い、
この情報は信用情報機関にて管理されています。

 

モビットも信用情報機関に加盟しており、この機関を通して申し込み者の信用情報を照会します。

 

信用情報機関は日本に3つありますが、
いずれもネガティブな情報は各機関で共有されていますので必ずばれる仕組みとなっています。

 

返済延滞や債務整理など何かしらの問題を起こしている方は残念ですが審査には通りません。
モビット 申し込み

 

申告した個人情報はそれぞれ点数化され、これを属性スコアリングと言います。

点数は1から10の範囲内で付けられ、これによって返済能力を測っています。

モビットのような大手消費者金融はほぼこの採点方式で審査を行っています。

 

属性スコアリングにおける有利不利が気になるところですが、
やはりこの部分に関して明確な基準は公表されていません。

 

ただ一般的には勤続年数が長い方が有利、国民健康保険よりも社会保険に加入している方が有利、
賃貸よりも持ち家が有利と言われています。

 

モビットの場合は月々の固定費出費はどれぐらいあるのか、
更に収入に対してどれぐらいの割合なのかを確認するようです。

 

安定的な収入があっても月々の出費で手元に残るお金に余裕がなければ返済が苦しくなります。
ですから単に収入のあるなしだけでなく総合的にみて判断しているということを覚えておきましょう。

 

上記で説明しました通り、モビットの審査では個人情報の他に信用情報もチェックされます。

 

これまでの借入やクレジットカードの利用履歴も融資の判断材料となるのです。
他社から借り入れしていないか(ある場合はいくら借りているか・返済は出来ているか)、
返済延滞や債務整理などの金融事故情報がないかを主にチェックしています。

 

つまりこの情報を見ることで、
申し込み者が信用できる人間なのか、きちんと返済してくれるかを見極めているのです。
いくら収入があっても信用できない人にはお金は貸せないのです。
という事は、モビットの審査でいちばん重要なのは信用情報と言っても過言ではないかもしれません。
モビット

 

モビットの金利と返済額!利息が気になる方へ

モビットに限らず金融業者からお金を借りると金利がかかります。

 

しかし実際にいくら支払いするのかきちんと把握している、
という方は少ないのではないでしょうか?

 

毎月の返済額には当然金利分が含まれていますが、どのように計算して決まるのかご存知でしょうか?
モビットの審査・申し込み前に知っておくといいですね。
モビット

 

モビットなどカードローンに申し込みむ際、金利を気にされる方が殆どでしょう。
出来るだけ安い金利で借りたいと思ってアレヤコレヤと借入先を比較して決める方も多いです。
ですが具体的にいくら金利を払っているのか、きちんと把握している方は少ないです。

 

「大体これぐらいかな?」「返済期間が長ければ月々の返済額は少なくて済むから良いよね!」
こんな風にテキトーに考えていませんでしょうか。

 

これでは思っている以上にムダな利息を払ってしまう可能性があります。

 

カードローンを利用する上で金利は基本中の基本です。

そこで今回はモビットの金利と返済額について解説していきたいと思います。

 

モビットの金利は年3.0%〜18.0%です。
モビット

 

これは1年間お金を借りた場合にいくら利息がかかるのかを表したものです。

 

お金を借りる期間は人によって違いますので、当然係る利息も違ってきますから
一律の基準でないと比較できません。

 

その為金融業界では年利で表すのが原則とされているのです。

 

比較するために、他の消費者金融の金利も紹介します。

アコム :年3.0%〜18.0%
プロミス:年4.5%〜17.8%
アイフル:4.5%〜18.0%
モビット:年3.0%〜18.0%

*2016年12月12日現在

 

如何でしょうか?
モビットは下限金利で見れば他の消費者金融よりも低いです。

 

「じゃあモビットで借りるのが良いね」と決めつけるのは待ってください。
と言うのも、金利は借入限度額に応じてある程度決まっています。

 

そして借入限度額は審査によって決定されますので、下限金利で借りられるとは限らないからです。

 

下限金利が適用されるのは、最大借入限度額である500万円で設定された場合です。

 

モビットや他の消費者金融は総量規制の対象となりますので、
最大借入限度額まで借りるには最低でも年収1500万円以上無いといけません。

 

ですから金利を他社と比較する場合は下限ではなく上限金利を見るべきなのです。
モビット

 

利息制限法の改正によって貸付金の上限が定められました。

元本が10万円以上100万円未満の場合は年利18%が上限となりますので、
モビットを始め他社でもほぼ18%を上限金利としています。

上限金利ではプロミスが若干低いですが、この程度の差であれば利息額は大して変わりませんので、
あまり気にする必要はないでしょう。

 

では実際に毎月支払う額はいくらになるのか、

返済額に占める利息はどれぐらいなのか計算してみましょう。

モビット

 

ここではモビットで100万円を借入、毎月5万円返済していくとします。

 

なお利息制限法により元本が100万円以上の場合、
年利は15%が上限となりますので、金利は15%で計算します。

 

利息は元金×金利で計算しますが、これは1年間お金を借りた時に発生する利息です。
1年未満に発生する利息については、日割り計算をする必要があります。
計算式は「元金×金利÷365日×借入期間(日数)」となります。

 

まず元金に金利をかけます。
100万円×15%=15万円
これが1年間借りた場合に発生する利息です。

 

そして15万円を365日で割り、1日あたりの利息を出します。
15万÷365日=約410円

 

仮に1ヶ月で返済する場合は、1日あたりの利息に30をかければ利息額が出ます。
410円×30日=約12300円
つまり100万円でひと月あたり発生する利息は約12300円となります。

 

ただ100万円を一括で返済することは非常に稀です。
殆どの人は月々の分割返済となるでしょう。
モビット 申し込み

 

分割で返済する場合も元金×金利÷365日×借入期間の式で求めます。

 

100万円を年利15%で借りて毎月5万円ずつ返済していく場合、

初回返済時の利息は100万円×15%÷365日×30日=約12300円
初回の返済額は5万円+12300円=62300円です。

 

2回目の利息額は(100万円−5万円)×15%÷365日×30日=約11700円
2回目の返済額は5万円+11700円=61700円

 

3回目の利息額は(95万円−5万円)×15%÷365日×30日=約11070円
3回目の返済額は5万円+11070円=61070円

以降も計算方法は同じです。

 

モビットで借り入れた場合、月々の返済額はいくらになるのでしょうか?

 

返済額は最終借入残高に応じた金額が予め決まっており、これを最低返済額といいます。
金融業者によって最低返済額は異なりますので、必ず確認しておきましょう。
モビット 申し込み

 

モビットの場合、最終借入残高が10万円以下ですと最低返済額は4000円、
10万円超20万円以下は8000円と言ったように100万円までは、
最終借入残高が10万円増す毎に4000円ずつ返済額は加算されていきます。

 

但し、ここでも忘れてはいけないのが利息です。

月々支払っている最低返済額は全て元金返済に充てられるわけではなく、その中には利息額も含まれています。

 

例えばモビットで20万円借りた場合、適用される金利は18%ですから初月の利息額は以下のとおりです。
20万円×18%÷365日×30日=2940円
20万円借りた場合の最低返済額は8000円ですから、
元金に充てられる金額は8000円−2940円=5060円と言うことになります。

 

2回目の利息額は(20万円−5060円)×18%÷365日×30日=2880円
元金に充てられる金額は8000円−2880円=5120円となります。

 

利息は元金に対して発生しますので、元金が減っていけば当然利息も少なくなっていきます。

 

モビットでは最低返済額以上を返済するのがルールですが、
実際には利息の金額を支払うことで延滞扱いにはならないとされています。

 

上記の例で言えば20万円借りた場合、利息額である約2940円を支払えばOKということです。
ただ、事前にモビットに相談して了解を得た上で行う必要があります。
モビット 申し込み

 

そして毎回これが出来るわけではなく、
次回以降は最低返済額以上を支払うことを約束のもと、
利息のみの支払いを認めてもらえます。

 

モビットを始め、消費者金融は金利が高いです。
金利が高ければ支払う利息が多くなり、その分元金返済が減ってしまいます。

 

上述しました通り、利息は元金に対して発生するものですから、
高金利なカードローンで少しでも利息を節約するには如何に元金を減らせるかがポイントです

 

モビットの場合、最低返済額以上の金額に関しては全て元金に充てられます。
ですからお金に余裕がある時は多めに払うことで元金の減りが早くなり利息を節約できます。

 

モビットの口コミと評判!

モビットを実際に利用した人の口コミをもとに情報提供をしていきます。
カードローン会社は数え切れないほどあるため、
その中から自分にあったカードローンを見つけるのは大変ですね。

 

また実際に利用してみないとわからないこともあるため、余計に迷ってしまいます。
モビット 申し込み

 

そこで今回はモビットを利用されている方たちの口コミや評判を紹介していきたいと思います。
もちろん良い口コミだけでなく悪い口コミも紹介しますので、是非とも参考にしてください。

 

モビット利用者の口コミで特に多かったのがWEB完結への評価です。
WEB完結はモビット最大の特徴でありメリットとも言えるサービスで、
在籍確認も書類の郵送も無しで借りることが出来ます。

 

以下、モビット利用者の口コミです。

「今までカードローンというものを利用したことがなかったのでとにかく不安でした。

 

中でも一番心配だったのが、職場の人たちに自分が消費者金融を利用していることがバレてしまわないかということです。
色々と調べていると、職場に電話がかかってくるということが分かり、ああこれはダメだ・・・と思いました。

 

モビットも在籍確認というものはあるようで、諦めるかバレルの覚悟で申し込もうか半日程度悩んでしまいました。

 

で、よくよく調べてみたらWEB完結申し込みと言う方法でなら職場に電話無しで借りられるというではありませんか。
こんな都合の良いことってあるのだろうかと喜びを隠せずにいましたね。

 

ただですね、それでも正直疑っていました。

 

だってどの金融業者でも在籍確認は必ず電話でするみたいじゃないですか?

 

それなのにモビットだけ書類で確認なんて正直怪しいですよね。疑わないほうがおかしいですよ。
でもとにかくお金が必要だったし、もうどうにでもなれと思ってモビットの審査に申し込みました。
結局どうだったかというと・・・借りれました、しかも職場に電話無しで。

 

契約した次の日、会社で自分宛てに怪しい電話が来なかったとそれとなく聞いてみましたが、
仕事に関する電話以外特に無かったようで本当に安心しました。

 

ああ、モビットさん本当にこの件には感謝しています。」

 

口コミの方が言っているように、モビットのWEB完結申し込みは
勤務先へ電話連絡無しで借りることができます。
モビット 審査

 

カードローンの審査では必ず在籍確認は行われ、その殆どは勤務先へ電話で確認するというものです。

ただ一部の金融業者では「会社に在籍していることを証明できる書類の提出」で
在籍確認してくれる会社もあり、その一つがモビットというわけです。

 

またWEB完結申し込みは郵送物無しという点も見逃せません。
カードローン契約をすると基本的に契約書類やローンカードが郵送で届きます。

 

実家暮らしをされている方にとって、この郵送物というのは非常に厄介なもので、
見られてしまえば消費者金融からお金を借りていることがバレる可能性が非常に高いものです。

 

ですからなんとかして、郵送物が来ないで利用できるカードローンはないかと必死に調べる方が多いです。
大手消費者金融なら郵送物無しで利用できるところがありますが、
その為には自動契約機を利用しなければいけないという条件付きがほとんど。

 

わざわざ自動契約機に行くのは正直面倒ですし、誰かに見られてしまう恐れがあり嫌煙される方は多いです。
ですがモビットのWEB完結なら自動契約機すら使わずに、郵送物無しで借りることができます。
誰にも知られず内緒で借りられて手間がかからないというわけです。

 

ただモビットのWEB完結申し込みには、デメリットもあるということを覚えておくと良いです。
実際にこのWEB完結に不満をいだいている方たちは少なくありません。
評判がイマイチだったモビットの口コミを紹介します。
モビット 審査

 

「モビットなら郵送物も在籍確認も無しで借りられると聞いてソッコーで申し込みを決めました。
でも、WEB完結とやらには条件があるようで、私は利用できませんでした。
書類関係は問題ないのですが、まさか銀行口座まで指定されるとは思っていませんでした。
ええ〜〇〇銀行の口座なんて持ってないし〜と叫んでしまいましたよ。
結局、自動契約機を使ってカード発行で借りました。
自宅に郵送物はなかったのですが、会社には在籍確認の電話はありました。
たまたま私が席を外している時に電話がかかってきたみたいですが、電話応対した人に、要件を聞いても教えてくれなくて怪しかった、変なのとつるんでるんじゃないの?
なんて疑われてしまいましたよ。だから在籍確認は嫌だったのに〜」

 

上記の方のようにWEB完結を利用するには条件がありますので注意が必要です。
まず融資方法は口座振込みとなるのですが、対応している銀行は2つしかありません。

三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行のみです。

これ以外の銀行口座は対応していませんので、持っていない人はWEB完結を申し込みはできないということになります。
つまり在籍確認無しにすることは出来ないということになります。
かろうじて郵送物無しで手続きすることは出来ますが、勤務先への電話連絡は避けられなくなります。

 

この他に、所得を証明する書類と、社会保険証、
又は組合保険証を提出しなければいけません。

 

以上の条件をクリアして始めWEB完結申し込みが出来ます。

 

またWEB完結申し込みは土日祝日は対応できませんので注意が必要です。

 

契約自体は出来ますが、口座振込となるため銀行の休みの日である土日祝日は口座に反映されません。
ですから即日で借りる場合はWEB完結以外の方法で申し込まないといけません。

 

モビット利用者の口コミで他に評判が良かったものは利用しやすいという点です。
モビット 審査

利用条件には年齢と安定した定期収入と記載されていますが、
職業や雇用形態については問われていません。

融資対象が幅広く利用しやすいのもモビットの良い点と言えます。
以下は実際にモビットで利用した方の口コミです。

 

「訳あって正社員を辞め今はアルバイトで生計を立てているものです。
アルバイトですから一般社会人より現金収入が少なく思っていたよりも手取りが少ないのが現状です。

 

収入は減ってもでていくお金は増える一方で不安しかありません。
このままでは駄目だと思い、何か資格を取ろうと思うもそのためのお金が捻出できませんでした。

 

そこで思いついたのがカードローンでお金を借りることでした。

 

正直消費者金融からお金を借りるのは抵抗がありましたが、
アルバイトではまず銀行から借りるのは無理だと思いモビットの審査に申し込みました。

 

ただアルバイトの収入だけで融資を受けられるのかかなり不安で、
審査結果を待っている時間があんなに長いと感じたことはありませんでした。

 

アルバイトをしてまだ1年足らずだったので、駄目かなと思いながら結果を待っていると、
何と融資OKとのこと。
驚きました、本当にビックリです。

 

正社員じゃないと絶対に借りられないと思っていたので、本当にウソのようでした。
しかも担当の方はすごく親切で感じが良かったのを今も覚えています。

 

消費者金融ってどこか怖いイメージが合ったので丁寧な対応にも驚いています。
10万円と金額は少なめですが、今の私には十分すぎるほどです。
本当にモビットのおかげで助かりました。」

 

上記の方のように、モビットはアルバイトはもちろんの事
パート、派遣社員、自営業の方でも申し込み可能です。
そして実際にそのような方たちが利用しているケースが多いです。

 

モビットは融資対象が幅広く返済能力と信用力に問題がなければ
正社員でなくても比較的借りやすいです。

 

但し、専業主婦のように本人に収入がない方は、借りられませんので注意してください。

 

 

モビットのATMと無人契約機

モビットのATMと無人契約機について

 

モビットを利用している人たちの多くはコンビニ等のATMで借入と返済を
当たり前のように行っているのではないでしょうか?

 

ですが実はコンビニを利用するよりもお得に利用する方法があるのをご存知でしょうか?

 

今回はモビットの利用時のATMについて解説していきたいと思います。

 

またモビットは店舗だけでなく無人契約機も設置されていますが、
便利な使い方も合わせて紹介します。
モビット

 

カードローンの基本のシステムと言っても良いATMを使っての借入返済。
コンビニなら何時でも空いていますから、自分の好きなタイミングで利用できて本当に便利です。

 

モビットでは振込キャッシングも可能ですが、殆どの方はATMを使用しているのではないでしょうか?
ですが借入も返済も何も考えずにATMを利用していませんでしょうか?

 

モビットには自社ATMが設置されていません。
利用できるATMは全て提携しているものとなります。

コンビニ、銀行、信用金庫、駅に設置されている提携ATMも利用できます。

 

銀行カードローンや一部の消費者金融は、
ATM利用手数料無料を明記しているところもあります。

 

利用手数料が無料なのは本当に有り難いことです。

 

しかしモビットでは残念なことに利用手数料無料のサービスはありません。
取引金額が108円以下の場合は108円、1万円を超える場合は216円の手数料がかかります。
入金出金いずれもかかる手数料は同じです。
モビット

 

たかだか100円200円の話でそこまで気にする必要はない。
そう思っている方多いかもしれません。

 

確かに1回の利用で見れば大した金額ではありません、その為気にする方も少ないのでしょう。
ですが毎回手数料がかかると言うことを考えてみれば、決して無視できない金額と言えます。

 

例えばモビットから金利18%で20万円の借り入れをしたとします。

 

モビットの場合借入残高が20万円ですと返済額は8000円からとなりますので、
この金額を毎月支払っていくとしましょう。

 

モビットの公式ホームページには返済シュミレーションがありますので、
この情報をもとにシュミレーションしてみます。

 

すると返済回数は32回ということが分かりました。
という事は32回ATMで返済のために利用するということになります。

 

完済までにかかる利用手数料は108円×32回=3456円
3456円手数料を払わなければいけないということになります。

 

そして忘れてはいけないのが利息です。
モビット
毎月の返済には利息も含まれており、32回の返済でかかる利息は合計で51562円です。

 

利用手数料と利息を合計すると55018円です。
20万円借りたはずなのに返済で支払う金額は255018円にもなってしまうのです。

 

これを見て高いと思うか少ないと思うかは人それぞれです。

 

しかしこういった細かいことを気にしないでいる人は損をしているということに気づくべきです。
だって利息の他に手数料で3500円もムダに払っているわけですから、
損以外何ものでもありませんよね。

 

しかもカードローンの場合、借り入れと返済を繰り返すケースが多いですから
完済までの期間が伸びる可能性が高いです。

 

そうなると手数料だけで1万円以上かかってしまう可能性も否定できません。

 

コンビニなどの提携ATMは何時でも利用できて本当に便利ですが、
利用手数料が如何にネックになっているかも理解しておくと良いですね。

 

手数料のことを考えるとATMは使うべきではない?
そう思ってしまうかもしれませんが、実はある銀行のATMだけは別です。

 

それは三井住友銀行のATMです。

 

モビットカードを三井住友銀行のATMで利用するとATM手数料は無料になります。

 

モビット

 

 

但し、無料で利用できるのは、
三井住友銀行の本支店と店舗外に設置されているATMのみとなります。

 

コンビニ設置されているE-netATMとローソンATMは対象外となりますので注意してください。

 

三井住友銀行ATMをオススメする理由は手数料だけではありません。

 

三井住友銀行のATMなら利用明細書はその場で発行されますので
モビットを使ったことを家族に内緒にしておくことも出来るからなのです。

 

実はモビットの提携ATMの中には利用明細書が後日郵送で届けられるところもあるのです。

 

家族の了解を得ている方や一人暮らしの方なら気にならないかもしれませんが、
内緒で利用している方にとってはかなり大きな問題ですね。

 

でも三井住友銀行ATMならそんなことをいちいち気にしなくて良いので安心です。
家族に内緒で利用できると言う意味でも三井住友銀行ATMはオススメなのです。
モビット 審査

 

無人契約機での審査や操作方法!

モビットも他の消費者金融同様に無人契約機を使って手続が可能です。
契約完了後にはローンカード発行も行なってくれますので受け取り次第借入もできます。

 

無人契約機のはいっている店舗内は人がいるのが外からは分からない作りになっているので
プライバシーの心配はいりません。

 

初めてカードローンを利用する方は、
無人契約機の操作が難しそうと思っているのではないでしょうか?

 

ですが実際は非常に簡単ですので安心してください。

 

無人契約機の操作方法を見ていきましょう。

モビット

無人契約機の店舗内に入りましたら、「お手続きスタート」をタッチします。

画面の案内に従い入力フォームに情報を入力し審査申し込みを行いましょう。

 

直ぐに10秒簡易審査が始まり10秒後に結果が出ます。

 

10秒簡易審査に通過すると無人契約機からモビットカードが発行されますので受け取ります。

 

受け取ったカードは本審査に通過してからでないと使えませんので、
一旦店舗の外で本審査結果の通知を待ちます

 

この後、在籍確認と書類の審査が完了すれば、
電話若しくはメールにてモビットの審査の結果が伝えられます。

 

本審査を無事通過すれば、モビットカードを使用して借り入れが可能となります。

 

モビットの無人契約機の営業時間は基本的に8時〜21時までとなります。

 

無人契約機が設置してある地域によって営業時間は多少異なりますので、
利用する際は必ず営業時間を確認しましょう。

 

またモビットの無人契約機は土日祝日でも平日同様に使用可能です。

 

モビットの無人契約機を使用する場合は、審査の申し込みからしなければいけない、
そう思っている人、案外多いのではないでしょうか?

 

確かにモビットの無人契約機は、申し込みから手続きが可能です。

 

ですが申し込みからではなく手続きの途中からでも利用可能なのです。
モビットの無人契約機は非常に便利ですが、申し込みから契約まで使用するのは正直効率が悪いです。

 

上記で紹介した流れを見れば分かりますが、
モビットの審査の10秒簡易審査完了後に、一旦店舗の外で待っていなければいけません。
モビット 審査

 

モビットの審査にかかる時間はその時の状況によって違いますので、
場合によっては2時間近く待たされることも珍しくありません。

 

散々待たされた挙句結果は、審査落ちでは気分は余計に落ち込んでしまいますよね。

 

ですからモビットの無人契約機をより便利に使うのであれば、

審査の申し込みはインターネットから行いカード発行のみ、
無人契約機を使用するのが良いです。

 

10秒簡易審査通過後にモビットから予約番号を受け取れます。

 

この予約番号を無人契約機に申し込みすれば、カードの受取のみを行うことが出来ます。
これならば店舗周辺で何時間も待たされずに、効率よくモビットカードを受取り、借入が出来ますよ。

 

モビットの無人契約機は他社と大きく異なる点があります。

 

それは審査の結果が確定する前にモビットカードを発行できることです。

 

他社の無人契約機では審査が完了後にカードが発行されます。
つまり審査に合格しなければ、カード事態持つことが出来ないのです。
モビット 審査

 

そうなると無人契約機を利用して即日融資するためには、
営業時間内に手続きを完了させておくことが必須となります。

 

ですがモビットの無人契約機は、審査の申し込み直後にカード発行となりますので、
短時間で申し込みが終わります。

 

後は、審査の結果を受け取るだけで良いので当日中に借りられる可能性が広がるのです。

 

モビットの審査・申し込みは効率よく行いましょう!

 

モビットはWEB完結だから便利!在籍確認も簡単

モビットには業界の掟破りのサービスが有ると言われています。
それがWEB完結サービスです。

 

ご存じの方も多いかと思いますが、このWEB完結は文字通り
申し込みから借り入れまで全てのWEB上で完結させることが出来ます。
モビット

 

しかも電話連絡なし、自宅への郵送物なし、
オペレーターとの会話も必要最低限のみと驚きのサービスです。

 

ここまで至れり尽くせりなサービスは恐らくモビット以外ないでしょう。
ここではWEB完結申し込みについて詳しく解説していきたいと思います。

 

2012年より開始となってモビットのWEB完結サービス。
ただ単にインターネットから、カードローン申し込みを行うことを指しているわけではありません。

 

カードローンの契約において必須業務と言われる職場への電話連絡での在籍確認、
契約書類とローンカードの郵送、カードローン会社への書類送付等を全て廃止にしてしまったのです。

 

消費者金融は数多くありますが、ここまでのサービスを導入しているのは、
モビットだけではないでしょうか。

 

カードローンやキャッシングに申し込む上で、殆どの人がネックと感じている電話による在籍確認
職場に電話されると聞いただけで、カードローンの申し込みを諦めてしまう方も少なくありません。
それだけデリケートな問題でもあるということですね。

 

業界の掟破りと言われているモビットのWEB完結サービスは、
審査が面倒なユーザーにとって非常に有り難いサービスとして今も利用されています。
モビット

 

WEB完結サービスで出来ることを具体的に見てみましょう。

WEB完結サービスで出来ること!
それは以下の通りです。

・勤務先への電話連絡なし
・スピーディーな審査で即日借り入れに強い
・自宅に郵送物が届かない

 

モビットのWEB完結サービスの最大のメリットとも言えるのが、
やはり電話連絡なしです。

 

職場に電話されるということは、それだけバレる可能性が高くなりますので、
誰もが、モビットの審査・申し込みで避けたいと思う部分です。

 

もっとも、消費者金融の場合は、担当者個人名で電話しますので、バレる可能性は低いです。
ただ会社名は名乗らず個人名での電話となると怪しまれる可能性もあり、
どうしても電話してほしくないと思うものです。
モビット 審査

 

また勤務先に対してだけでなく申し込み者に対しても電話確認は基本行われません
モビットからの連絡は全てメールで行われますので、プライバシーの面でも安心して利用できます。

 

また電話による確認作業だけなく郵送による書類送付もありませんので、
その分スピード融資を可能としています。

 

実際モビットのWEB完結は業界最速とも言われているほどで、
審査結果の通知は最短30分とかなり早いです。

 

モビット審査の完了後、カード発行や書類送付がありませんから、そのままキャッシングを行うことが出来ます。
WEB完結を利用すれば利用明細の郵送もありません。
もちろんカード発行もないので家族バレの心配もないので、誰にも知られること無くお金を借りることができます。

 

モビットのWEB完結を利用するには、具体的に何を用意すればよいのか解説します。
実は、WEB完結は誰でも簡単に利用できるわけではなく、特定の書類等を用意しないといけません。

 

まず銀行口座です。
WEB完結はカードレスで取引を行いますので返済は口座振替となります。
そして口座振替に対応しているのは三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行のみとなります。
自分名義の普通預金口座でないと認められません。
つまり上記いずれかの銀行口座を持っていない場合はWEB完結の申し込みは出来ないということです。

 

次に本人確認書類です。
WEB完結で有効な本人確認書類は運転免許証もしくはパスポートとなります。
モビット 審査

 

健康保険証も用意します。
社会保険証又は組合保険証が有効です。
国民健康保険証は認められませんので注意してください。
自営業の方は恐らく国民健康保険証かと思いますので、
そうなると自営業の方は、モビットのWEB完結は利用できないということになります。

 

因みに、この健康保険証は本人確認ではなく、勤務先の確認のために必要となります。
つまり会社に在籍していることを証明するためのものであり、
これを提出できるからこそ在籍確認の電話がなくなるのです。

 

最後に収入状況を証明する書類です。

源泉徴収票、所得証明書、税額通知書、確定申告書、直近2ヶ月分の給与明細書の内いずれか1点です。

賞与がある方は別途1年分の賞与明細書も提出します。

 

まとめますと三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行の口座、
本人確認書類、健康保険証、収入証明書の4点がWEB完結には必要ということです。
モビット

 

モビットWEB完結申し込みの流れを見ていきましょう

モビットWEB完結申し込みの流れです↓

 

まずはモビットの審査、申し込みフォームに入力をします。
直ぐに10秒簡易審査が開始され、10秒後に審査の結果が表示されます。
その後、モビットの本審査が行われ結果がメールで届きます。

 

モビットの審査に通過しましたら入会手続きを行い利用開始となります。
それぞれ詳しく解説していきます。

 

申し込みフォームは、モビットの公式ホームページのトップに有る
「WEB完結申し込み」をクリックします。

 

すると審査申し込みフォーム画面に移りますので、
氏名・生年月日・連絡先・年収・仕事内容・他社借り入れ状況などの必要事項を入力します。

 

入力に間違いがあると審査落ちの原因となりますので、申し込みする前にかならず一度確認しましょう。

 

必要事項を入力し送信すると、その場で10秒簡易審査が始まります。

 

10秒簡易審査は他の金融業者でも設けられていますが、モビットの場合、
他の業者よりもより詳細に入力していますので、精度が高いです。

 

画面上に「10秒簡易審査可決」と表示されれば、モビット会員ユーザーIDが発行されます。
このIDはモビットの取引において重要な情報ですので、きちんと保管しておきましょう。
モビット

 

IDが発行された後、モビットの本審査が行われますので結果が来るのを待ちます。

 

営業時間内であれば早くて30分以内に審査結果の通知が来ます。
・申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
早朝や深夜に申し込みんだ場合は翌営業日となりますので、
急いでいる場合は申し込み時間に気をつけましょう。

 

モビットの審査が完了すると「審査完了メール」という件名でメールが届きます。

 

メール内にURLが記載されていますので、クリックすると審査結果を照会できます。
本審査可決となれば入会手続きを行います。

 

手続自体は簡単ですのですぐに終わります。

 

手続きが完了すると、「入会手続完了」というタイトルのメールが届きます。
URLが記載されていますのでクリックして登録完了です。

 

その後は自由に借り入れを行うことが出来ます。

モビット

 

モビットのWEB完結は24時間365日いつでも申し込みが可能です。

 

但し、モビットの審査の結果は受付時間内で行われますので注意してください。
受付時間は9時〜20時までとなりますので、
時間内に手続きを済ませておくと良いです。

 

時間外ですと審査に時間がかかりますので、
急いでいる時こそ受付時間内に申し込みするようにしましょう。

 

WEB完結はカードレスで取引を行うことになりますが、
具体的にどうやって借り入れや返済を行うのでしょうか?

 

 

WEB完結はカードレスで取引になります!

まず借り入れですが、モビット公式サイトの「Myモビ」からログインし、
口座振込でキャッシングを選択します。

 

平日の9時〜14時50分内に手続きすれば最短3分で口座振込されます。
わざわざATMに行かなくても借り入れできるのは非常に便利ですね。

 

ただ注意点が一つあります。
口座振込ということは、銀行の営業中しか借り入れできないということになります。
時間外に行なった振込手続きは、翌位営業日以降に反映となるので、その点を覚えておきましょう。

 

金曜日の14時50分以降に振込した場合、
実際に反映されるのは月曜日の9時以降と言うことになります。

 

モビットで当日中に借りる場合は、きちんと時間内に振込してもらえるように手続きしましょう。

 

振込融資だと後から利用明細が自宅に送られてくるのでは?
そう思っている方も多いのではないでしょうか?
モビット

 

ですがモビットのWEB完結なら会員専用のMyモビにて、
利用明細書を確認・ダウンロードすることが出来ます

 

ですから自宅に送られてくることもなく安心です。
但し、このサービスはパソコンのみとなり、携帯電話やスマホでは対応していませんので注意してください。

 

 

モビットへログイン!会員サイト「Myモビ」について

モビットでWEB完結、またはカード申し込みにて契約すると、
モビットの会員専用サービス「Myモビ」を利用することが出来るようになります。

 

利用はスマホ・タブレット・パソコンにて出来ます。
今回は、モビットの会員専用サービスMyモビについて解説していきます。
モビット 窓口

 

Myモビへのログインはとっても簡単です。
まずモビットのホームページにアクセスし、画面右上の「会員専用サービスMyモビ」をクリックします。
ログイン方法を選択後、必要事項を入力してログインとなります。

 

Myモビへのログイン方法は2通りあります。

1つはモビットの「カード番号と暗証番号」と「生年月日」を入力してログインする方法。
1つは「ユーザーID」と「インターネットパスワード」を入力してログインする方法です。

 

ユーザーIDは審査が終わって、契約時にモビットから受け取れます。
会員専用サービスにログインする際に必要ですので、忘れずに保管しておきましょう。

 

ただ忘れてしまったとしてもメールアドレスに送信してもらうことが可能です。

 

WEB完結で契約した場合はユーザーIDとパスワードを必ず利用しますが、
カード発行契約の方はどちらの方法でもログイン可能です。

 

会員専用サービスはモビット以外の消費者金融でも設けています。

 

ただモビットとは違ってログインはカード番号と暗証番号を入力するのが殆どです。
では何故、モビットはログイン方法が2通りあるのでしょうか?
モビット 窓口

 

これにはモビット独自の契約方法であるWEB完結が関係しています。

 

WEB完結申し込みはカードレスとなりますので、カードが発行されません。
カードを使って借入返済をしたいのであればカード発行申し込みを行なわなければいけません。

 

そもそもカード発行しないわけですから、当然カード番号がありません。
という事はカード番号と暗証番号を使ってのログインが出来ないということになります。

 

ですからユーザーIDとインターネットパスワードを入力してログインすると言う方法が取られているのです。

 

また万が一、カードをなくしてしまっても
インターネットパスワードとユーザーIDでログインできるという兼ね合いも備えています。

 

時々Myモビにログインできないと言う方がいます。

 

「もしかして利用停止?」なんて焦らず、まずは入力情報に間違いがないかチェックしましょう。
ログインできない時にありがちな事として入力情報の間違いが挙げられます。

 

1つでも間違っているとログインできませんので、落ち着いて入力するようにしてください。

 

何回入力しても『「ユーザーID」または「インターネットパスワードが違います。』
という注意書きが出る場合は、『ID・パスワードをお忘れの方はこちら』から情報の再発行を受けましょう。

 

2つ目に考えられることとしては、メンテナンス時間にログインしようとしている可能性があるということです。

 

実はモビットの会員専用サービスは24時間365日ログインできるわけではなく、
定期メンテナンス時だけログインは不可となっています。

 

定期メンテナンスは月曜日の0時〜7時となりますので、利用時間に気をつけてください。

 

上記以外の理由でログインできない場合は、モビットに問い合わせると良いでしょう。
もしかするカードの不正利用も考えられますので、出来るだけ早くに電話で相談するようにしましょう。
モビット 窓口

 

ではモビットの会員専用サービスMyモビでは、
具体的にどのようなことができるのか見ていきましょう。

 

 

Myモビで出来るサービス

Myモビで出来るサービスは以下のとおりです。

振込キャッシング(※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
現在の利用状況確認(残高や利用可能額など)
登録内容の変更(住所や勤務先、電話番号など)
ユーザーIDとインターネットパスワードの変更
カードの紛失や盗難などの連絡
※契約内容の照会
※取引履歴照会(過去の利用状況
※電子領収書ダウンロード(取引履歴照会から利用可能)
※書類提出システム(スキャナーから取り込んでそのまま提出可能)
※振込返済口座照会
※返済シミュレーション
※借入相談・返済相談
※提携ATM一覧
※ローン申し込み機検索
※Myモビメッセージ(モビットからのお知らせ)

 

なおパソコンとスマホでは利用できるサービスが違いますので注意してください。
※印がついているものがパソコンのみ利用できるサービスです。
また借り入れはできても返済は会員専用サービスから行うことは出来ませんので覚えておきましょう。

 

 

 

モビットの増額(書類や期間、在籍確認)って?即日は可能なの?

モビットの利用限度額は審査によって決定されますが、
実は後から増額してもらうことが出来ます

 

利用限度額は、一度決まったらずっとそのままと思っている方が案外多いですが、
決してそんな事はありません。
もちろん今の利用限度額で十分満足しているという方は、無理に増額を考えなくて良いでしょう。
予定外の急な出費が重なった、もう少し借入枠を増やしたいという時は増額を検討したいところですね。
モビット

 

とは言え、増額なんてどうすれば良いの?
確実に増額する方法なんてあるの?

 

と考えてしまいますよね。

 

そこで今回はモビットカードローンの増額について解説していきます。

 

どれぐらいの期間で増額できるのか?必要な書類は何か?在籍確認はあるのか?
即日で増額は出来るのか等など増額に関する疑問にもお答えしていきます。

 

モビットの増額は簡単なの?
利用限度額を上げたいと思っている方はこんな疑問を持っているのではないでしょうか?
モビットでも増額は可能ですが簡単ではありません。

 

増額するには、モビットにその旨を伝え増額審査を受けなければいけません。
そして増額の審査に通らなければ増額は認めてくれません。
審査があるということは通る人もいれば落ちてしまう人もいます。

 

モビットの審査は一度通っているから増額も通るでしょ?
そう思っている方も多いかもしれません。

 

ですが増額審査はハッキリ言って新規申し込みの審査ほど甘くはないです。
これはモビットに限らずとの金融業者のカードローンにも同じことがいえます。

 

モビットの増額審査が新規申し込みの審査よりも厳しいのには2つ理由があります。

 

まず1つ目に、増額することで返済できなくなる
又は返済不能で債務整理されるといったリスクが高まることです。
モビット

 

借入枠を増やすということは返済負担がその分大きくなるということに他なりません。
増額するとこのようなリスクが高まるため、審査は慎重に行われます。

 

2つ目に、新規申し込みでは申し込み者の人間性を重視して、
融資判断を下していたということです。

 

当然ながら初めて利用する方がどんな人なのか分かりません。

 

信頼できる人なのか、この観点を重要視するためこれさえクリアできていれば
新規申し込みの審査は通る可能性が高いです。

 

ですがモビット増額の審査では、既に利用者の信頼性に対する評価は付いていますので、
より高い信頼性が必要となり重視されるといえます。

 

とは言え、信頼性はそう簡単に上積みできるものではありません。
具体的に何をどうすれば良いのかについては、モビットに聞いても教えてはくれません。

 

ただひとつ言えることは、増額の可否に関しては慎重な姿勢であるということです。

 

限度額を上げるということは金融業者にとってリスクを高めることですから、
モビットの審査が厳しくなるのは当然と言えます。

 

ですから甘い気持ちで増額の審査に申し込みしてしまうと
予想もしないようなしっぺ返しを受けてしまう恐れもありますので、安易に増額に申し込まないことです。
モビット

 

 

 

増額方法は主に2つあります!

 

1つ目はモビットから増額の案内が来るパターンです。
借り入れと返済の利用履歴が積み上がっていくと、モビットから増額案内がメールもしくは電話で届きます。

 

この場合、ある程度の審査はクリアしていますので、
そのまま申し込めば増額審査にも通りやすいですから、案内に応じるのが得策でしょう。

 

今の利用限度額で満足している場合でも、増額はした方が良いかもしれません。

 

と言うのも、利用限度額が上がれば、金利を安くしてもらえる可能性が高いからです。
同じ金額を借りるにしても利用可能枠が増えれば、
今よりも低い金利が適用され、利息で得することになるのです。

 

先にも説明した通り、モビットから増額の案内が来るということは、
それだけ信用されている事にほかなりません。

 

既にモビットの増額審査をクリアしているケースが多いですから、素直に応じたほうが良いでしょう。
モビット

 

逆に案内が来てない状態で、モビットの増額審査に申し込みむのは少々危険な気がします。

 

と言うのも自分から増額申請をすると、審査で数日かかってしまう可能性が高く、
最悪の場合利用停止や減額されるリスクのほうが高いからです。

 

増額されたからと言ってその利用枠まで借りなければいけないなんてことはありませんから、
案内が来たらチャンスだと思って方が良いのです。

 

モビットの増額方法もう1つは自分から増額申請することです。
モビットでは利用者からの増額申請を常に受け付けていますので、いつでも申請できます。
申請方法は電話又はインターネットからとなります。

 

電話の場合はモビットのフリーダイヤルにかければ増額申請手続きを行うことが出来ます。

 

インターネットは、会員専用サービスであるMyモビにログインし
増額申し込みの項目から申請すればOKです。

 

申請方法で審査の有利不利があるわけでないので、自分のやりやすい方法で申請して構いません。

 

自分から増額申請する場合、
モビットの審査に要する期間は大体3日前後かかると見たほうが良いです。

 

金融業者によっては即日で対応してくれることもありますが、
モビットの場合は時間がかかる傾向にあるようです。

 

案内が来た場合ですと、即日で対応してくれる可能性が高いですが、
自分から増額の審査・申し込みした場合は、まず無理と思って方が良いでしょう。
モビット

 

早く増額してほしいのであれば時間に余裕を持って申請手続きしておきましょう。

 

また増額審査の結果次第では減額や利用停止になるリスクがあることも忘れないでください。
ですから自分から安易に増額申請はしないのが賢明と言えるでしょう。

 

モビットの増額案内が来てから申請するほうが良い、
とは言っても中々待ってられないことだってありますね。

 

自分から増額申請したいけど、どのタイミングでモビット増額の審査・申し込み申請すればよいのか
分からないというのが正直なところでしょう。

 

増額ではある程度の「利用期間」と「実績」が必要と一般的には言われています。

 

増額のモビットの審査に通る人もいれば通らない人もいますが、
この違いは何処にあるのでしょうか?

 

これは簡単に言ってしまえばモビットに優良顧客として見られるかどうかに尽きます。
優良顧客とは「真面目に返済して、定期的にお金を借りてくれる顧客」の事を言います。

 

真面目に返済するとは、一度も遅延や滞納をしないできちんと期日通りに返済することです。

 

もし一度でも返済で問題を起こせば増額審査は落ちると考えてください。
そしてこれはモビットに対してだけでなく、他社借り入れに対しても同じことがいえます。

 

金融業者は利息で利益を上げているわけですから、返済だけ真面目に行っていても
借り入れしてくれなければモビットにとっては優良顧客とはいえません。

 

また借り入れを殆どしてないから増額しても意味ないだろうと判断さやすいです。

 

もちろん無理な借り入れをして返済が滞ってしまっては意味がありません。
あくまでも無理のない範囲で計画的な借り入れを心がけるようにしましょう。
モビット

 

借り入れと返済を少なくとも半年以上継続することが大切です。

 

先にも述べた通り増額するには信用力を積み上げることが必要です。

 

信用とはそうすぐに積み上がるものではありませんので、根気よく継続していくことです。
最低でも半年、出来れば1年以上継続して実績を積むことが必要なのです。

 

増額する上で気をつけたいのが他社借り入れです。

 

モビット以外からもお金を借りている場合、増額の審査はかなり厳し目に見られます。
また借入先が貸金業者となれば総量規制に気をつけなければいけません。

 

既に年収の3分の1以上の借入がある場合は、絶対に増額の審査は通りません。
モビットも貸金業者ですから総量規制の対象となります。

 

他社借り入れがあると増額審査に通りにくくなるのは、
既に借入先があるから、わざわざ増額する必要はないと見られやすいからです。

 

また増額することで、返済が苦しくなる可能性が高くなると判断されて、審査落ちになることも考えられます。
他社借り入れがあると増額できないわけではないですが、厳しくなることだけは間違いないでしょう。

 

土日であってもモビットの増額申請は可能です。

申請方法は平日と土日で異なることはありません。
フリーダイヤルにかけるもしくはインターネットから申請すればOKです。

 

審査の申請は、どちらの方法でも構いませんが、手間を省くなら電話の方は良いです。

 

と言うのもネットで申請しても、結局のところ電話で手続きを行うからです。
だったら始めから電話で申請するほうが手間がなくスムーズに手続きできますね。
モビット

 

モビットの増額申請で提出する書類は基本的にありません。

 

但し、増額後の限度額が50万円を超える場合は収入証明書は必須となりますので、
該当する場合は準備しておきましょう。

 

収入証明書は勤務先もしくは、住民票のある役場で受取できます。
また金額に関わらずモビットが提出を求めてくることもありますので、その場合は素直に応じましょう。

 

 

 

個人情報に変更があった場合、速やかにその旨を届出しないと
増額どころか利用停止にされる可能性が高いですから注意してください。
モビット

 

 

モビットの増枠って?

モビットの増枠は、前に書いた増額と同じですので、
モビット増枠の電話や在籍確認については、
先ほどの内容を読んで下さい。

 

 

モビットのCMについて!

テレビを見ているとモビットのCMを目にする機会が結構あります。

 

他の消費者金融もCMを放映していますが、モビットのCMはその中でもオシャレとユーモアさがあり、
まるで映画のワンシーンのような印象を受ける方も多いのではないでしょうか?

 

その為、モビットのCMは毎回話題に上がり、出演するタレントにも注目が集まります。
そこで今回はモビットのCMについて解説していきたいと思います。

 

まずはモビットのCMコンセプトについてです。
時代によってモビットのCM。コンセプトは違いますが、
起用されているタレントはイメージキャラクターとして長期に渡り出演されています。

 

モビットの放映当初のCMをご存知でしょうか?
モビット CM

 

「あなたバランスが悪いんじゃない?」というセリフで中々印象的なものでした。
要するにお金の収支バランスを考えてキャッシングを利用しようというものがコンセプトでした。
どのカードローン会社でも、借り入れと返済のバランスを考えて利用する事をメッセージとして届けていますが、
モビットの場合はユニークさの中にメッセージを込めています。

 

インパクトの有るCMはそれだけで印象づけられますよね。
今現在のモビットCMでは「あなたの未来にリンクする」というキャッチコピーを使用しています。

 

CMのコンセプトはその時の社会環境が大きく関わってくるものが多いです。
モビットのCM放映当初は、貸金業者の過剰な貸し付けと高金利が社会問題となりました。

 

消費者金融の発足当初、高金利による貸し付けによって
莫大な利益を得た消費者金融は大きな成長を見せました。
その中には一部上場を果たす企業もありました。

 

貸金業務はいわゆるおいしい商売と言われるようになり
他業界からの参入も招くこととなり、その結果ヤミ金がはびこるようになりました。
モビット

 

トイチやトサンと呼ばれる法外な金利での貸し付け、深夜の取り立て
、職場や家族親戚などに恫喝するなど人権を無視した取り立てが目立ちました。
また返済能力をろくに調査すること無く貸し付けることにより数多くの多重債務者を生むことに。

 

返済が苦しくなり夜逃げするもの、軽擦に駆け込むもの、
自ら命を断つものが跡を絶たず深刻な社会問題となりました。

 

こうした社会環境のもとモビットは、
上記のようなコンセプトを全面に打ち出したCMを放映したと予想されます。

 

多重債務者が社会問題化されたことを受け、
政府は貸金業者の規制強化を図るため貸金業法の改正を繰り返し現在の法律に至ります。

 

またそれに伴い、モビットのCMは利用する側も本当の目的ではない為にお金を借りるのは止め、
きちんと将来を見据えた利用をしようとCMを通して伝えています。

 

モビットのCMは放映から既に15年もの月日が経っています。

 

これだけ長くCMを続けていることにも驚きますが、
更に驚くのは出演者がほぼ変わっていないということです。

 

出演俳優は今もなお竹中直人さんが務めています。
実は大ブレイクするまえに、地方のCMにて消費者金融ニコニコクレジットに出演されていました。

 

モビット

ニコニコクレジットは地方の消費者金融で規模も小さく

知名度は地元地域以外は殆どありませんでした。
しかし竹中直人さんをCMに起用してから中堅の消費者金融にまで成長をとげ、
CM対象にも選出されています。

 

モビットのCMには男性俳優だけでなく、女優も出演されています。
2000年から2011年まで女優の桃井かおりさんが、
2011年から現在まで、朝ドラ女優の夏菜さんが務めています。

 

ところで企業がCMを作る意図はなんでしょうか?

 

理由はそれぞれですが、一番の理由は会社の知名度を上げることにあります。

 

特に消費者金融はネガティブなイメージを持たれる方が多いため、
より身近な存在となるためCMをしているという意図も考えられます。

 

モビットのCMにもそのような意図が汲み取れます。

 

上述した通り、消費者金融に対する世間一般のイメージは良くありません。

 

しかし全ての金融御者が悪質な貸し付けをしていたわけではなく、
一部の非合法な金融業者によって作り出されたものなのです。

 

それでも一般の人達からは消費者金融=悪というイメージが根付いてしまい、中々払拭できずにいました。
モビットがCMをする理由は、
こうした非合法な金融業者と一緒にされないためイメージアップのためと言えます。

 

モビットのまとめ!

三井住友銀行グループの会社にある消費者金融のモビット。

 

消費者金融と聞くとネガティブなイメージを抱きがちですが、
モビットは銀行グループにあるため消費者金融でも安心して利用することが出来ます。
但し銀行の傘下とは言え、銀行が直接運営しているわけではありませんので、総量規制の対象となります。
モビット

 

モビットは融資対象が幅広いので、誰でも気軽に申し込むことが出来ます。

 

満20歳以上69歳以下で安定した継続収入があれば申し込みOK

 

雇用形態の制限はありませんのでパート・アルバイト・派遣社員・自営業の方も申し込みむことが出来ます。

 

注意点として本人に収入がある方のみ融資対象となりますので
専業主婦と年金受給者の申し込みは受け付けていません。

 

モビットの最大の特徴にしてメリットでもあるのが、WEB完結申し込みです。

モビット審査の申し込みから借入まで、
すべての手続をインターネット上で済ませることが出来る画期的なサービスです。

 

モビットの審査では、必ず必要とされている在籍確認の電話を書類で済ませる事ができますので、
職場への借金バレの可能性は格段に下げることに成功しています。
更にローン担当者との電話によるやり取りもなし。

 

連絡手段は基本的にメールで済ませますので、
よりプライバシーに配慮した手続きが可能です。

 

更に融資は銀行口座振込としカード発行がないので自宅に郵送物が届くことはありません。
家族バレを心配している方でも安心して利用できます。
モビット

 

モビットのWEB完結申し込みは、非常に便利なサービスですが、
条件がありますので、申し込み前にかならず確認しましょう。

三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っていること。
社会保険証もしくは組合保険証を持っている、

以上の条件をクリアすればWEB完結申し込みが利用可能です。

 

モビットでは審査の前に10秒簡易審査を行います。

 

氏名・生年月日・自宅と勤務先情報・希望額などを入力するだけで
融資可能かどうかと利用可能額が表示されます。
入力完了後文字通り10秒で審査の結果が表示されるのでとにかくスピーディー。
よくある診断サービスではなく、モビット審査の一歩手前の事前審査ですから、
精度が高く目安として分かるので便利です。

 

モビットは審査がとにかく早いです。
最近は即日融資に対応したカードローンが多くなりましたが、
その中でもモビットの審査は群を抜いて早いです。

 

モビットの申し込みから審査にかかる時間はたったの30分
もちろん最短ですから実際はもう少しかかりますが、
それでも2時間前後で結果がわかるのは、利用者にとってかなり有り難いことです。
・申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

夕方は混みがちですので、とにかく今日中に借りたいという場合は午前中に申し込みすることをオススメします。

 

また急いでいる場合は申し込み後にコールセンターに急いでいることを伝えると優先的に審査してくれます。
このあたり柔軟に対応してくれる点は流石です。
モビット

 

モビットの融資方法は口座入金とカード利用の2通りあります。

口座入金は会員専用サービスMyモビから振込依頼をするだけで指定口座に希望額が入金されます。
ネットに繋がる環境であれば自宅だけでなく外出先でも利用できてとっても便利。
カードでの借入にも対応していますので口座振込が間に合わなくても安心です。
ローンカードが使えるATMが非常に幅広いですから利用できるATMがなくて困ることもありません。

 

モビットは土日祝日に申し込みした場合でも即日融資が可能です。
全国各地に設置された自動契約機は土日祝日も営業していますので
審査通過後にカード発行すればすぐに借り入れできます。
夜遅くまで営業していますので仕事帰りによって即日キャッシングなんてことも。

 

もちろんモビットにはデメリットもあります。

モビット

 

まずモビットは銀行系ではなく消費者金融ですから金利が高めです。

 

下限金利は年3.0%ですが上限は何と18.0%。
これは業界全体から見れば高金利に位置します。

 

とは言え法律に定められた範囲内ですので安心してください。

 

銀行カードローンなら低金利で借りることができますので、
金利重視の方にはオススメできませんので覚えておきましょう。

 

大手消費者金融では一定期間利息無しでキャッシングできる
無利息サービスを設けているところが多いです。

 

期間内に完済すれば借りたお金だけ返済すれば済みますのでお得です。

 

モビットにはこの無利息サービスがありません。
初回借入時から金利が発生しますので無利息期間のある金融業者をお探しの方にはオススメできません。

 

モビットは三井住友銀行グループの会社です。
しかし運営は消費者金融が行いますので総量規制の対象となります。

 

ですから年収の3分の1を超える借入はできません。
まとまった資金を借りたい方、専業主婦の方には銀行カードローンが良いでしょう。

 

借入だけでなく返済もATMを利用する方は多いですね。
有り難いことにATMの利用手数料0円のところも多いので、気軽に返済できます。

 

ですがモビットの場合は提携ATM利用時には必ず手数料がかかります。
1回の取引でかかる金額は少額ですが、長期間に渡って返済する場合は注意が必要です。
モビット

 

モビットはとにかく急いでいる方や電話連絡なし・郵送物NGな方に向いています。

インターネット若しくは無人契約機から申し込めば、即座に融資可否と利用限度額が表示されます。
もちろん事前審査の結果ですが十分参考になる情報です。

 

事前審査の後に本審査が始まりますが、結果の通知は最短30分ととにかく早いです。
・申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

しかもコールセンターに事前に電話をかければ、優先的に審査してもらえます。

 

もちろん即日キャッシングにも対応していますので、今日中に借りたい人にもオススメです。
自宅から一歩も外に出ること無く借入もできますし、土日でも無人契約機を使えばその日に借りることが可能です。

 

勤務先に電話されるのは困る、家族に内緒で借りたい、
担当者と電話でやりと知るのは恥ずかしい。

 

モビットはこのような要望にもしっかりと応えてくれるキャッシングサービスです。

 

カードローンの常識を覆したとまで言われるモビットのWEB完結申し込みなら、
上記の要望全て応えてくれます。

 

WEB完結なら申し込み、審査、契約、融資まで全てWEB上ですませられます。
郵送物が届くことも電話がかかってくることもありませんので、
スピーディーかつスマートに手続きできます。

 

勤務先に電話されることもないので、職場にバレないかとビクビクする必要もありません。
モビット

 

モビットカードローンの審査の申し込みは、
パソコン・スマートフォン・携帯電話・郵送・電話・無人契約機と多彩です。

インターネット上で手続きしたいならパソコン・スマートフォン・携帯電話で、
直ぐにカードを受け取りたいなら無人契約機、相談しながら手続きしたいのであれば
電話と言ったように自分にあった方法で審査の申し込みができます。

 

モビットでできるだけ早く借りたいという人も多いかと思いますので、最速で借りる方法を紹介します。

 

申し込みはパソコン・スマートフォン・携帯電話いずれかで行い、その後フリーダイヤルに電話します。

 

電話することで、モビットの審査が開始され審査の結果は電話で通知が来ます。
その後の借入れ方法は主に2通りあります。

 

カードを使って借り入れしたい場合は無人契約機に出向きます。
無人契約機でカード発行してもらえばATMから直ぐに現金を引き出すことができます。

 

銀行口座に振込してもらいたい場合は振込キャッシングを選択します。
ネットもしくは電話にて振込依頼手続きが可能です。
モビット

 

モビットでは、審査の申し込みから借入まで全てネットで手続可能なサービスWEB完結があります。

 

特徴としては来店不要・電話連絡なし・電話でのやり取りなし・郵送物なしです。

 

WEB完結を利用するには、三井住友銀行もしくは、
三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っていること、
社会保険証若しくは組合保険証を持っていること、収入証明書を提出できることです。

 

WEB完結はカード発行されず借入は口座振込となります。

 

モビットの審査での時間は、ネットからの申し込みと無人契約機からの申し込みであれば、
その場で融資可否と利用限度額が表示されます。

 

但し、これは事前審査の結果であり、この後に審査が行われます。

 

モビットの本審査は最短30分ですが、平均して2時間前後かかると思ったほうが良いです。
「・申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。」

 

平日の午前中は比較的空いていますので、急いでいる場合はこの時間帯に申し込みむと良いでしょう。
モビットの審査結果は電話若しくはメールとなります。

 

審査に申し込んでから実際に借り入れできるようになるまでは最短1時間です、
但し郵送申し込みですと手続完了に約1週間近くかかりますので注意してください。

 

口座振込で即日借り入れを希望する場合は、
平日14時50分までに振込手続きを完了させましょう。

 

土日祝日は口座振込が対応していませんので、
即日で借りる場合は無人契約機でカード発行を選ぶ必要があります。

 

モビットの審査申し込みに必要な書類は本人確認書類と収入証明書の2点です。

本人確認書類は基本的に運転免許証ですが、ない場合は
健康保険証もしくはパスポートのいずれかでOKです。

収入証明書は、源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・
確定申告書・給与明細書直近2ヶ月分いずれか1点の写しとなります。

 

モビットでは借入希望額が50万円を超えなくても収入証明書を提出になるケースが有ります。
実際に収入証明書が必要かどうかは申し込み後に伝えられます
モビット

 

必要書類はカメラで撮影したデータをパソコンやスマホからアップロードして提出します。
FAXでの提出も可能です。
無人契約機にてスキャンして提出も出来ます。

 

モビットの借入れ方法は主に2通りあります。
1つは振込キャッシングです。
自分の銀行口座に入金して融資を受ける方法です。
手数料はかかりませんので気軽に融資依頼出来ます。
ホームページ又は電話にて手続きします。

 

平日9時〜14時50分までに手続きすると最短3分で入金となります。
但し営業時間外ですと翌営業日以降に反映となりますので気をつけましょう。

 

もう1つの借入れ方法は提携ATMを利用します。
モビットカードを使い現金を引き出します。

 

モビットATMはなく提携ATMを使用します。
三井住友銀行、三井住友銀行、更にはコンビニのATMにも対応していますので
借入場所で困ることはありません。

 

但し利用手数料がかかりますので気をつけましょう。
モビット

 

返済方法は口座引き落とし、提携ATM、銀行振込の3種類から選択します。
インターネットバンキングによる返済はできません。

 

借入同様に提携ATMでの返済には手数料がかかります。

 

銀行振込の場合も手数料がかかりいずれも自己負担です。

 

口座引き落としは利用手数料がかかりませんが、
三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座のみ対応となります。

 

繰り上げ返済は好きな時に何度でも出来ます

 

返済方式は借入後残高スライド元利定額返済方式となります。
借入残高によって毎月の返済額が増減する方式で、
返済が進むに連れ返済額は減っていきます。

 

但し元金返済に充てられる分が少なく返済が長期にわたる可能性が高く
利息を多く払ってしまう傾向にあります。

 

その為、資金に余裕がある時は繰り上げ返済をして元金を減らすと良いでしょう。

 

まずはモビットの審査を受けてみるところから始めましょう!

 

 

モビットのおまとめローンについてと審査

モビットのおまとめローンと審査

 

モビットのおまとめローン
モビットのおまとめローンを考えてる方は、
残念ですが、モビットにはおまとめローンはありません。

 

なので、あまり当てはまる人はいないと思いますが、
他社での借入額が少なくて、年収が多いのであれば、
モビットの審査が通って、他社の借り入れを借入金で返済することで、
おまとめローンのような形には出来ます。

 

上記のような例に、当てはまる人は、
そもそもモビットで、おまとめローンをしようとは思わないですよね。

 

なので、どうしてもおまとめローンをしたいなら、
モビットではなく、他社を検討して審査申し込みをしてください。