このエントリーをはてなブックマークに追加   

モビットはアルバイト・パート・学生でも借りられる?

モビットはパート・アルバイトや学生でも借りられるのでしょうか?
モビット

 

カードローンは正社員でないと利用が難しいと思っていませんか?
確かに正社員に比べパート・アルバイトや学生の収入は安定的ではありません。

 

審査は収入が安定している方が有利と言われており、これに反論の余地は無いでしょう。
ですがパート・アルバイトや学生でもモビットで借りることは可能とされています。
とは言え、審査通過するにも条件はありますので
今回はモビットでパート・アルバイト・学生が借りる方法について解説します。

 

不況の影響で自分の理想の仕事に就くことが出来ず、
アルバイトやパートで生計を立てている方はたくさんいらっしゃいます。

 

正社員のほうが待遇も収入も良いですし、
将来的な約束もされており安定という点ではパートやアルバイトは勝てないでしょう。
ですからアルバイト・パートだからこそモビットを利用して足りない生活費などを補填したいと思うものです。

 

でもパート・アルバイトでは審査に通らないと不安に思っている方は多いです。
先にも話した通りパート・アルバイトでもモビットで借りることは可能です。
モビット

 

モビットカードローンの利用条件は安定収入があることです。
正社員に比べ収入は少ないかもしれませんが、
パート・アルバイトでも毎月一定額の収入があれば条件をクリアすることが出来ます。
ただあくまでも利用条件をクリアしているだけであって、
最終的に借入可能かどうかは審査で決められます。

 

審査とは申込者の返済能力と信用能力を確認するためのものです。
主な判断材料は収入や勤務先情報などを含めた生活状況と信用情報です。

 

単に収入があればよいというわけではなく、収入、勤務先、勤続年数、家族構成、
住居環境等などを総合的に見て審査の可否と利用限度額を決めているのです。
だからこそパート・アルバイトだからと言う理由だけで借りられないということはないといえるのです。

 

正社員がパート・アルバイトよりも審査で有利なのは間違いないです。
実際高額な借り入れが可能なのも正社員です。
審査では返済能力を確かめますが、その上で欠かせないのが安定性と信用です。
モビット

 

カードローンは毎月分割返済が基本となりますので、支払いは長期間に渡ります。
更に担保も保証人も不要となるため、
本人の信用に基づいて貸し付けを行ういわゆる信用貸しとなります。
この安定性と信用という2つの観点からみるとパート・アルバイトは正社員よりどうしても評価が低くなってしまいます。

 

ですからパート・アルバイトが如何に安定していることを示すことが出来るかがポイントとなってきます。

その為にも、「1つの職場で長く働き続けている」「毎月一定額の収入があり月ごとに波がない」

この2つを満たしていることが審査通過のポイントとなります。

 

お金が必要なのは何も社会人だけではありません。
学生でも突然の出費でお金が必要になることは結構あります。
とは言え、社会人のように簡単にお金を借りることは出来ませんから、
学生でも利用可能なカードローンを探さなければいけません。

 

だからと言って審査なしで学生でも借りられる怪しい業者には絶対に手を出してはいけません。
そのようなところから借りてしまえば後々トラブルになるのは目に見えています。
学生でも借りられて尚且つ安心できると言えば大手消費者金融のモビット
選択肢の1つに入るのではないでしょうか?
モビット アルバイト

 

モビットの利用条件は満20歳以上、安定した収入がある事です。
この条件をクリアしている学生はモビットで借りることが可能です。
モビットに限らず20歳に満たない方はキャッシングすることは出来ません。
という事は未成年の学生は利用不可ということになります。

 

ただ未成年は絶対に借りられないというわけではありません。
親権者の同意を得た場合もしくは婚姻した場合は20歳未満であっても借りられるケースがあります。
とは言っても、殆どの貸金業者では同意書を提出しても貸してくれるようなところはありません。

 

何故なら、同意書を出したとしても後から親が取り消すことが出来てしまうからです。
契約後であっても取り消してしまえばその契約はなかったこととなります。

 

そして借り入れたお金は返還しなければいけませんが、それは残っている範囲でとなります。
つまり借りたお金を全部使ってしまえば返還しなくてよいということになってしまうのです。
このようなリスクがあるため未成年者への貸し付けは行なっていない業者が多いのです。

 

学生がカードローンに申込む上で最もネックとなるのは
「安定した収入があること」ではないでしょうか。

 

モビット アルバイト

安定収入はカードローンを利用する上で必須条件となりますので、

学生がこれをクリアできるかが鍵となります。
忙しい学生にとって安定収入という条件をクリアするのは中々ハードルが高い用な気がしますね。

 

夏休みや冬休みに短期間のアルバイトをする学生も多いかと思います。
確かに収入はありますがそれは一時的なものですから、安定収入とはいえません。
あくまでも継続して収入がないといけませんので申し込み条件をクリアしているとことにならないのです。
毎月仕送りしてもらっているからお金はあるけど・・・という学生もいるでしょう。
しかし仕送りも安定収入とはいえません。

 

自身が継続して収入を得ていないとモビットから借りることは出来ません。
ですから週4回スーパーでアルバイトしている、
週に3回家庭教師のアルバイトをしていると言った場合ならモビットに申込むことは出来ます。

 

学生でもモビットの審査を通過するにはモビットの審査基準を満たさなければいけません。
審査基準は公表されていませんので、実際に審査を受けてみないことには
結果はわからないというのが正直なところです。

 

どうすれば審査に通過できるのか具体的な方法というのはハッキリ言ってありません。
ただカードローンの審査において一般的にマイナス要素と言われているものは
ある程度共通していますので紹介します。
モビット

 

まず他社借り入れがある場合です。
モビット以外で既に他から借りている場合、新たに借りることは難しくなります。
ただでさえ学生は収入が少ないですから、これ以上返済負担を増やすのはリスクでしかありませんので、
他社借り入れがあると審査にはほぼ通らないと思って良いでしょう。

 

もう1つは支払いの延滞です。
これは学生に限った話ではありません。
ローンを利用する上で支払いの延滞はマイナスでしかありません。
信用情報に傷が付く上に遅延損害金を別に払わないといけませんし、
利用中のカードローンやクレジットカードの利用を停止させられてしまいます。

 

支払いの延滞は何もカードローンやキャッシング、クレジットカードだけが対象になるわけではありません。
実は携帯電話の利用料金も関係してくるのです。
何故携帯電話が?と疑問に思った方も多いかもしれませんね。

 

最近はスマートフォンが主流になってきていますが、
端末代は非常に高価なため分割払いで利用料金と一緒に払うのが定番です。
利用料金と一緒に支払っているせいもあって分割払いで購入しているということを忘れがちです。
これは立派な割賦契約となりますので、信用情報に記録されてしまうのです。

 

という事は利用料金を延滞すれば当然分割払い支払いの延滞となり、事故情報が記録されてしまいます。
最も端末を一括で購入した場合や中古の場合はこの限りではありません。
モビット

 

学生のアルバイトですと月の収入は正直少ないです。
一月の収入額は平均して5万円前後と言われています。
モビットは消費者金融ですから総量規制の対象となります。
ですから借入可能な金額の上限は年収の3分の1までです。

 

仮に月の収入が5万円の学生ですと年収にして60万円ですから、
借りられる金額の上限は20万円となります。

 

そしてこの20万円という上限はモビットから借りられる金額の上限ではありません。
貸金業者から借り入れできる総額の上限が年収の3分の1以下となるのです。

 

例えばA社で5万円、B社で10万円借りている場合、
モビットから借りられる金額は5万円までということになるのです。

 

モビットと言えばWEB完結申込みが有名です。
インターネット上で全ての手続を完結させることが出来る非常に便利なサービスです。
モビット

 

勤務先にも家族にも内緒で借りられる方法ですが、
残念ながら学生はモビットのWEB完結を利用できません。

 

と言うのも、WEB完結を利用するには指定の銀行口座を持っている他に
社会保険証若しくは組合保険証を持っていないといけないからです。

 

この保険証は正社員の方や派遣社員の方しか持つことが出来ない種類の保険証ですので
学生は持つことが出来ません。
ですが学生の方はカード申し込みでしか利用することが出来ませんので注意してください。