このエントリーをはてなブックマークに追加   

モビットって総量規制対象外?

モビットって総量規制対象外?
カードローンを利用する上で気をつけたいのが総量規制です。
個人の借り入れを制限する法律で、借入先を間違えてしまうと
自分が必要とする金額での借り入れが出来ない恐れもあります。
モビット 総量規制

 

数あるカードローンの中でも常に高い人気を誇るモビットは果たして総量規制対象なのか、
それとも総量規制対象外なのか?

 

今回はモビットと総量規制との関係について解説していきます。

 

改正貸金業法施工に伴い導入された法律が総量規制です。
この規制によって、これまで借りられた人が借りられなくなったという事は
何となく知っているという方も多いかもしれません。

 

しかし具体的にどうなると借りられなくなるのか、知っている方は意外と少ないのではないでしょうか?
自分には関係ないと思っている方もいますが、総量規制について少なからず影響を受けていますから、
決して関係ないことはないのです。

 

総量規制は消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠など
貸金業法の影響下にある借り入れに対してかかってくる規制です。

モビット 総量規制

 

銀行カードローンは?と言いますが、銀行は銀行法に基づきますので総量規制対象外となります。
つまり銀行カードローンは年収による借り入れの制限を受けないということです。
また信用金庫や信用組合のカードローンも総量規制対象外です。

 

モビットは総量規制対象外と勘違いしている方案外多いです。
あくまでもモビットは三井住友銀行グループ傘下の消費者金融です。
銀行ではなく消費者金融が運営するカードローンですから総量規制の適用を受けます。
ですからモビットに申込むとなると、総量規制は大前提となり、
借入限度額は年収の縛りを受けます。

 

消費者金融で借りてないから全く問題ないと思っていませんでしょうか?
そう思っている方の中にはクレジットカードを持っている方もいるでしょう。

 

クレジットカードのショッピング枠は総量規制対象外ですが、
キャッシング枠は総量規制の対象となります。

 

総量規制は実際に借り入れしている金額の合計となります。
ですからまだ借り入れしていない分に関しては合計額には含まれません。
とは言え、審査をする金融業者にとっては借入枠がある限り借りる可能性があると判断しますので、
審査において考慮しなければいけません。
モビット 総量規制

 

実際にお金を借りていなくても、将来借りる可能性がある枠を持っているだけでも
審査ではより厳しくチェックされるのです。

 

モビットも同様に申込時はもちろんの事、定期的に信用情報を照会し
他社借入も含め借入金額が増えていないか確認しているのです。

 

モビットに申し込みする前に、既に他社と取引がある場合は総量規制が直接影響します。
ですから自分でも総量規制の上限額にどれぐらい近づいているのか把握しておく必要があります。
ちょっとしか借りてないから問題ないと油断はしないことです。
審査では他社借り入れは必ずチェックしますし、その後の利用状況も厳しく管理されます。

 

総量規制とは貸金業者からの借り入れ上限額を年収の3分の1以下に規制する法律です。
当然ですが申込時に既にその金額を超えていればモビットの審査には通りません。
例えば年収300万円の人が既に100万円以上借りていればモビットの審査に通ることはないです。

 

では同じ人で他社借入額が90万円の場合はどうでしょうか?
総量規制による上限額は100万円ですから、計算上では後10万円借りることができます。
仮に後10万円借りたとしても総量規制にはギリギリ引っかかりませんので借りられそうな気がしますね。

 

確かに計算上は借りる事ができますが、必ず借りられるという保証はありません。

 

モビット

総量規制上は借り入れOKであっても、既に返済が行き詰まっている、延滞を何回かしている、

他社借入件数が多いといった場合はリスクが高いと判断しモビットでは貸してくれないかもしれません。

 

他社借り入れがある状態でモビットに申し込む場合、借入総額ばかり気にされていませんでしょうか?
確かに総量規制の関係があるため無視できない要素ですが、
同じ様に借入件数も非常に重要な意味をなします。
借入件数が多いと重大なネガティブ要素となりますので注意が必要です。

 

借入件数が多いと、それだけ1社からの信用度低いと見なされやすいです。
カードローンは信用が第一ですから、借入件数が多い人ほどリスクは高いと判断しますので、
モビットでも審査は慎重にならざるを得ません。
複数社から借りていて返済に余裕がないようであれば回収不能になる可能性が高いと容易に想像できます。
少額の借り入れを複数社で行っているのであれば、モビットでおまとめすると良いでしょう。
おまとめローンや借り換えは総量規制対象外ですから
借入総額がギリギリであっても申込むことができますので、是非検討してみると良いでしょう。

 

上述した通り銀行カードローンは総量規制対象外となります。
他にもおまとめ、借り換え、住宅ローン、自動車ローン、クレジットカードのショッピング枠も総量規制対象外です。
モビット

 

年収300万円の人が消費者金融で100万円借りている場合はモビットの審査には通りません。
ではこの100万円の借入先が総量規制対象外のところからだった場合はどうなるのでしょうか?
例えば銀行カードローンで100万円借りている場合は、モビットの審査に問題なく通るのか気になるところです。

 

銀行カードローンは総量規制対象外となりますので、ルール上はモビットから借入は可能です。

 

ただ既に申し上げた通り、融資判断は総量規制だけで決まるものではなく、
返済能力と信用力を持ってして決まります。

年収300万円の人にとって100万円の借金は相当な負担といえますから、
これ以上借りてしまうと返済は更に苦しくなることは目に見えています。
ですからモビットの審査に通る可能性はほぼ無いと考えてよいのではないでしょうか。